フィルムで撮ったマラッカ

b0168218_22135614.jpg


多分、2003年ごろの写真です。
時代的には、デジタル一眼レフの出始めぐらいかな?
まだまだ高価で、おいそれと小遣いで買える代物ではなかった記憶があります。
で、当時の愛機は、NIKON F4S + TOKINA 28-70/F2.8 & TAMRON 70-210/F2.8をメインに、COSINA MF100/F3.5 マクロ & AF19-35というボディ一点豪華主義でやってましたw
豪華といっても、F4Sは当時ではすっかり旧式のカメラでしたが、押しの強さとハッタリの効き具合は、最高でした。
これらの機材に詰めていたフィルムは、KODAK EBX。日本ではダイナハイカラーという名前だったと思います。
なにせ、ド派手な発色で気に入っていました。
初期のフォーサーズも似たような傾向で、デジ一はオリンパスを選んだのは、このアタリに理由がありそうです。



b0168218_2216186.jpg


現像時に一緒にデジタルデータを作成してもらったのですが、お世辞にも綺麗とは言えませんね。。。
この後ぐらいに、EPSON GT-9300UFを買って、自分でスキャンし始めたと記憶しています。

b0168218_22175984.jpg

たしか、ちょうと未年だったような。

b0168218_22192626.jpg


b0168218_22215084.jpg

トライショーです。

b0168218_22234248.jpg



b0168218_22305696.jpg


b0168218_22313399.jpg

遠くに見えるのは、マラッカ海峡。大型タンカーひっきりなしに行き違っていきます。
昔も今も、日本にとって重要なシーレーンです。

E-300でデジ一デビューしてからは、フィルムカメラはドナドナされ、唯一手元にあるのは、PENTAX ME + RIKENON 45mm/2.8というロートルだけになってしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by masa_kl | 2009-08-01 22:26 | 街角スナップ
<< ZD50-200というレンズ FRIMのジャングルへ突入! >>