昆虫マクロで思うこと

最近、昆虫マクロにハマって、近所の森で色々と撮ってみたのだが。。。

b0168218_1204645.jpg

E-3 + SIGMA150/2.8MACRO

私が感じたマクロ撮影でのE-3の長所と短所は?



長所はなんといってもイメージセンサーが小さい事により、撮影倍率がでかくなること。
35mmで等倍のマクロレンズでも、フォーサーズでは、2倍になります。
これに焦点距離も2倍になることを考えると、SIGMA150/2.8マクロの場合、撮影倍率2倍のサンニッパマクロというド級レンズに生まれ変わります。
実際、ワーキングディスタンスが長く取れて、虫に警戒されずに撮影できます。

b0168218_1294699.jpg

E-3 + SIGMA150/2.8MACRO

また、これもイメージセンサーが小さいことに起因するのだが、一般的なデジタル一眼に比べて被写界深度が深いので、絞り込まないでも虫全体にピントが来ている写真が撮れる。
絞り込まないでいいということは、シャッタースピードが稼げて、風で枝や葉があおられて被写体ブレするのを防ぐ事が出来る

b0168218_1351345.jpg

E-3 + COSINA MF100/3.5MACRO

短所は、ずばり高ISOでの画質
シャッタースピードを稼ぎたい、でもある程度は絞らないといけない。
そうなると森の中ではISO800や1600で撮りたくなってくるのだけど、ご存知の通りフォーサーズのもっとも苦手とするのが高感度撮影。
やはり、ノイジーです。。。

b0168218_1402272.jpg

E-3 + SIGMA150/2.8MACRO

また、これはE-3だけじゃないけど、一眼レフカメラに望遠マクロ、これらの大型機材をガッチリと固定する三脚、それに場合によってはフラッシュ。
これらの機材を担いで山を徘徊するのは、意外とキツイんです。

b0168218_1454360.jpg

E-3 + SIGMA150/2.8MACRO

そこで、私が思う昆虫マクロにぴったりのカメラセットとは
1.軽量ボディー
2.軽量テレマクロレンズ
3.深い被写界深度
4.高感度撮影での高画質

「あれ?これってもしかしてコンデジでもいいんちゃうの?」と思ってしまったのだ!
リコーのCX2やCX3なら、300ミリのテレマクロで、最短撮影距離が28cmぐらい。
イメージセンサーも小さいので、撮影倍率はおのずとでかくなるはず。
画質さえ納得できるレベルであれば、軽量コンパクトでトレッキングのお供にいいのでは???
リコーのGXがついに昇天してしまったので、次のコンデジは、昆虫マクロも視野にいれて検討しようっと。

b0168218_1551272.jpg

E-3 + SIGMA150/2.8MACRO
求愛中のコオロギ。このあとフラれてましたw


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
[PR]
by masa_kl | 2010-03-29 01:56 | 昆虫
<< 森で避暑 羊歯の葉など >>